メイン州のボーディングスクール

メイン州はアメリカ北東部ニューイングランド地方の最東北部に位置する州で、面積は全米39位で、北海道よりすこし大きいほどの広さを擁しています。

東海岸は大西洋に面し、北西はカナダのケベック州、西はニューハンプシャー州に接しています。

海岸線やポートランドの入り江、内陸部の森が美しく紅葉の季節は色とりどりの風景を楽しめます。

ロブスターやハマグリといった海産物料理が有名で漁業も盛んで自然の宝庫といえるほど環境に恵まれています。

人口は全米第41位で約130万人、94%を占める「最も白人が住む州」とも呼ばれるほどでアジア系は1%、日本人は約600人が州内に住んでいます。

日系企業が約50社進出し、外資系企業数の数は日本が第1位です。

日本とは州内の3つの都市が姉妹都市連携を結んでいます。

州全体の教育レベルも高く、キャンパスも雄大な自然に包まれたところに位置している大学が多いことで知られています。

そこで、メイン州のボーディングスクールをおすすめします。

メイン州のボーディングスクールは、州内に十校近くあります。

学校は郊外に位置しているので治安もよく、職員やスタッフが学校の中で暮らしていますので何よりも保護者も安心です。

国際大会が行なわれるスキー場が近くにありウィンタースポーツが盛んな学校があります。また、アートや環境学に力をいれているところ、実践的な起業学のプログラムが充実しているところなど各学校とも個性と魅力があります。

この機会に是非メイン州でのボーディングスクールでの留学を検討されてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です