ボーディングスクールとは

ボーディングスクールとは、学生を24時間体制でサポートする寮制度の学校の総称です。
ただ、寮の設備を持っていても、完全な全寮制は少数で、中には地元からの通学生も多い学校もあります。
学生のみならず多くの教師や職員が寮やキャンパス内で暮らしていて、授業だけではなく放課後も学生の生活をサポートしており、勉学だけではなく寮生活や課外活動を通じて次世代の社会のリーダーとなる人物の育成に力を注いでいるのが大きな特徴です。

中3から高3までの4年制の学校が一般的ですが、小学生から入学可能な学校や、中高一貫の6年制などもあり、いずれも共通して徹底した少人数制のクラスで、質の高い教育の場であることが特徴です。
その中でも名門大学への進学に定評がある学校をプレップスクールと呼んでいます。
プレップスクール以外にも軍隊式教育と規律を取り入れたミリタリースクール、宗教教育と規律を取り入れた宗教系スクール、音楽、芸術、舞踊など各種特殊技能の教育に力を入れた芸術系スクール、特定のスポーツに強い学校、学習障害をもつ生徒を専門に受け入れる学校など、ボーディングスクールには特徴的で個性的な学校が多く、生徒のニーズに合わせた学校選択を可能にしています。

この様にボーディングスクールにもそれぞれ特徴や強い個性があり、名門校や難関校と評価されているからと言っても、そこが必ずしも子供に最も適した学校とは限らないと言えるでしょう。
学校の特徴を把握したうえで、子供の語学力やその他学力、留学の目標、将来の夢などを総合的に考慮し、最適な学校を選ぶことが大変重要です。