日本国内の葬式について

日本国内の葬式について

葬式の種類のひとつ家族葬とは

家族葬は、葬式のひとつの形式で、1990年ごろから利用者が増え始めました。

葬式のクチコミ情報を求めています。

遺族、親族、ごく親しい故人にゆかりのある人を呼び、少人数で行います。

家族葬の定義は曖昧ですが、通常の葬儀に比べて参列者の人数が少ないので、遺族の身体的、精神的負担を減らせるというメリットがあります。


故人の思い出を語るなどして、ゆっくりとしたお別れができます。


ただし、この葬式の形式は、故人の交友関係が広い場合には不向きです。
葬式の後になって、自宅に弔問客が大勢来て、かえって忙しい思いをする可能性もあります。



また、葬式に呼ばれなかったことに対して苦情を言われるなどの可能性もあります。

ひっそりと行おうと思っていたのに、思いの外、故人が亡くなったことが広まってしまい、参列者が大勢押しかけて料理や返礼品が足りなくなることもあります。故人の交友関係が広い場合には通常の葬儀をして、お香典で費用を賄ったほうが良い可能性もあります。

家族葬は一般的には安くできると思われていますが、祭壇や棺などの一般費用、お寺に支払うお布施、などは金額が変わりません。


参列者が少ないのでお香典も少なく、結果的には一般的な葬儀と比べて料金がさほど変わらない場合もあります。もし交友関係が広くても家族葬にこだわるのであれば、最初に家族葬を行い、後で日を改めてお別れ会などを開いて招く方法もあります。家族葬のメリット、デメリットを理解して、検討してみましょう。



  • 葬式のみんなの常識

    • 現代の日本では、仕事をするとき、そもそも外出するときには身だしなみというマナーが重要視されます。もちろん自分自身の清潔感のためでもありますが、相手からどう見られるか、という点を考慮して服装や髪型を決めて出掛ける、という人も多いのではないでしょうか。...

      detail
  • 葬式の最新情報

    • 人類で始めての葬式は、イラク北部にある洞窟で行われたものだといわれています。この場所でネアンデルタール人の骨と献花として供えられたと思われる花粉が発見されました。...

      detail
  • 葬式の皆が知りたい情報

    • お葬式の服装のNGマナーについてご存知でしょうか。マナーはよくわからないので周りをみて参考にしているという人は多いと思いますが、実は間違えたマナーで参列している人も少なくないのです。...

      detail
  • 葬式をもっと知る

    • 海外諸国と比べると、日本の葬式にかかる費用はかなり高額です。海外では20万円から50万円ほどあれば平均的な葬儀を行うことができますが、日本で一般的な葬式を行うにはおよそ200万円ほどが必要だといわれています。...

      detail